社会福祉法人 愛生福祉会

社会福祉法人 愛生福祉会

名古屋市・東京都・横浜市を中心に
介護職員・看護師・栄養士など様々な職種の採用を行っています

急募! 社平成29年7月東京都品川区に特別養護老人ホームオープンのため、職員募集中!

先輩インタビュー

  • 介護職員
  • 副施設長
  • 看護職員
  • 介護職員
  • 介護職員

INTERVIEW1

大好きなおばあちゃんに恩返しがしたい。そのために、介護の仕事を選びました。

私は、小学4年生くらいからずっと介護の仕事に興味を持っていました。
両親が共働きで、おばあちゃんに幼稚園の送り迎えをしてもらっていたこともあり、幼い頃から、私はずっとおばあちゃんっ子でした。
おばあちゃんはまだ元気で、今も一緒に住んでいますが、多分、10年後には介護が必要になってくると思います。
その時に、いろいろ面倒を見てくれた、大好きなおばあちゃんに恩返しがしたい。そう思ってこの仕事に就きました。
自分が介護して、おばあちゃんに恩返しができたらと思っています。

大学も専門外で、介護の仕事は未経験でしたが、着実に仕事を覚えていけました。

大学では、介護とはまったく関係のない心理学を学んでいて、介護については何も知識がない状態でこの業界に入りました。
入ったばかりの頃はとても大変でしたが、実際に現場で働くことで、スムーズに知識が入ってきました。先輩も優しく教えてくださるので、着実に仕事を覚えていくことができました。
今は仕事がとても楽しいです。ご利用者様たちとお話することが好きで、皆様の毎日をもっと楽しくできるようになりたいと思っています。そのために、色々なレクリエーションを覚えていきたいですし、まだまだ勉強することはたくさんあるなと感じています。

介護職員はこんな仕事をしています

  • お食事のお手伝いや、楽しんでいただくためのレクリエーションをします。

    お食事の提供や身体介助が基本のお仕事です。ショートステイでは、皆様の生活を把握して、体の機能訓練になったり、楽しんでいただくためのレクリエーションをします。

  • ご利用者さまとお話する時間を なによりも大切にしています。

    家ではどんなことしてるのか、趣味のお話などをしています。「家では何もできないから、ここでは何かやりたい」という方が多いので、タオルを畳んでいただきながらおしゃべりを楽むことも。

  • 月に一度、受け持った委員会の 会議に出席

    「ケア委員会」に所属しており、月に一度、委員会の会議に出席します。ご利用者様のより良い生活のため、何をするべきかの話し合いや、取り組みの結果報告をします。

愛生福祉会でのお仕事について聞かせてください!

働いていて大変だったことを教えてください。

皆様がもっと楽しく過ごせるよう、忙しい中でもコミュニケーションの時間を大切にしています。

ご利用者様お一人お一人に、それぞれ生活リズムがありますので、それを尊重しつつ、もっと楽しく毎日を送っていただけるように、少しでもリビングにいたいと思ってもらえるようにと、工夫することです。
皆様と十分にコミュニケーションを取るための時間づくりを意識しています。
そして、皆様の大切な命をお預かりしている仕事なので、緊張感も感じています。

その分感じるやりがいはありますか?

ご利用者様に、本当の笑顔になっていただけることが嬉しいです。

「いつもありがとね」の一言がいただけることです。ご利用者様の笑顔が本当に嬉しいです。
やはり、苦笑いと本当の笑顔とは違うので、表情を見て「この方は、少し無理をしているな」と思ったら、その方との時間を作ります。ご利用者様全員に本当の笑顔になって欲しい。そうなっていただけることがやりがいだと感じています。

一緒に働くスタッフはどんな人たちですか?

お互いがお互いを気にかけている、思いやりのある人たちだと思います。

皆さん明るくていい人たちばかりです。悩みがあるとき、明るく振る舞っているつもりでも、それに気がついて「どうしたの?」と声をかけてくれるので、
ひとり一人気を配っているんだなと感じています。悩みも全部先輩に相談しています。

未経験から初められたとのことですが、大変ではありませんでしたか?

未経験でも、着実に仕事を覚えていける環境です。

入ったばかりの頃は何も知識がなくて、毎日が大変でしたが、実際に現場で働くことで、スムーズに知識が入ってきました。
先輩も優しく教えてくださるので、着実に仕事を覚えていくことができました。

今後、こうなりたい!という目標はありますか?

皆様にもっと楽しんでいただけるようになりたいです!

一人でも多くのご利用者様に名前を覚えてもらうことです!数日しか滞在されないショートステイのご利用者様に声をかけていただける時は、とても嬉しいので、そういう方をもっと増やしていきたいです。
あと、レクリエーションにも力を入れているので、認知症の人、自立している人などいろんな人に対応できるようにレクリエーションの幅を広げていきたいです。
自分のモチベーションにもつながるので、介護福祉士などの資格を取りたいです。
介護についていろいろ調べていたら出てきた、「レクリエーション福祉士」の資格も取りたいです!

一緒に働く未来のスタッフに一言!

未経験でも大丈夫!楽しく続けられる仕事です。

明るくて、楽しくて、人に何かしてあげたいと思う人ならぜひ!と思います。私は実際とても楽しく続けられています。未経験でも、資格がなくてもできるお仕事です。「楽しいな」と思ったら続けていただくと、自分自身の成長や未来につながっていくと思います。

PAGE TOP

稲垣さんの一日の仕事を見る

INTERVIEW2

お年寄りの方からの学びの多さに驚いた高校時代。それがきっかけで、介護の世界に足を踏み入れました。

高校の頃、ボランティアクラブに入っていました。高齢者の方とお話する機会が多くあって、自分たちがお年寄りを助けるというよりは、学ばせていただくことが本当に多かったんです。ボランティアって、与えるものだと思っていましたが、お年寄りの方々から与えられたもののほうが多くて、もっともっと学びたいと感じ、介護の世界へ入ることを決めました。
専門学校で介護について学んでいて、その後、新卒で愛生福祉会に入社しました。
入社してしばらくは、現場で介護の仕事をしていて、5年つとめた後にケアマネジャーの資格を取り、ケアマネジャーも経験しました。その後、働きながら通信教育で社会福祉士を取りました。
現在は、副施設長として働いています。

入居前の日常と変わらない生活ができる、あたたかい空間をつくっていきたい

地域に根ざした、「生活の延長に施設がある」というのを理想としています。
地域の方がご入居されたり、スタッフも地域の人が働きに来てくれたり。
住み慣れた地での、ご自分たちの生活を大切にしていただきたいと思っています。
施設が主催するお祭りやイベントもあるので、地域の方とも交流を深めて、あたたかくて居心地のよい、ご利用者様に幸せだと思っていただけるようなコミュニティをつくっていきたいです。

施設長はこんな仕事をしています

  • 職員一人一人の様子に気を配ります。

    スタッフの元気が無さそうだと感じたら、現場の様子を見に行ってみるなど、一人一人の状態に気を配っています。職員もご利用者様も笑顔な環境を目指しています。

  • 施設全体を見回り、ご利用者様とも交流

    毎日必ず、何か変わりがないか施設内を見回ります。気持ちのよい空間づくりのために、職員の身だしなみや挨拶は厳しくチェック。ご利用者さまとの交流も忘れません。お一人お一人のお名前は、もちろん憶えています。

  • 食事の味見をし、品質をチェック。

    食事の品質管理も仕事の一つです。
    毎日の楽しみになるようなお食事をお届けするため、試食をして、味付けや品質をチェックします。ご利用者様の豊かな生活のために、食事や施設の清潔さなど、細かい点に気を配ります。

愛生福祉会でのお仕事について聞かせてください!

副施設長の仕事はどんな仕事ですか?

施設全体のマネジメントが私の仕事です。

一言で言うと、施設全体のマネジメントが私の役目です。
職員の健康状態ケアや、施設の仕事が上手に回っているかの確認・管理、そして、より良い施設にしていくための業務改善をします。その他に、お年寄りの生活が質の良いものになってるのかの確認、ご家族と連絡、そして、愛生福祉会の本部との連絡や行政とのやり取りなど、業務は多岐にわたります。

働いていて大変だったことと、その分感じるやりがいを教えてください。

副施設長として職員たちを導く立場にある。その責任の重みを感じています。

自分の行動一つが、職員の職場環境・ご利用者様の生活環境を左右する責任です。昔は、自由に意見を言っていたのですが…。その場その場で判断を迫られることもありますが、職員・ご利用者様のことを思うと間違った決断は許されません。ですので、自分の行動や発言に慎重になりました。その反面、自分の思い描いている、理想の福祉を実現していくことができるので、とてもやりがいのある仕事だと感じています。

どんな資格を取っていますか?さらに取りたい資格はありますか?

より良い介護をするために、介護福祉士・社会福祉士両方の資格を取りました。

専門学校時代に介護福祉士の資格を取り、その後も社会福祉士、ケアマネジャーの2つの資格を取りました。
この2つを、どちらも取る方はなかなかいませんが、より良い介護のためには両方の資格が必要だと私は考えています。
介護福祉士はご利用者さまの直接的なケアに役立つ資格で、普通に介護をするならこれだけで充分かもしれません。
でも、介護を続けていて、行政の仕組みや、介護保険などの学びが足りないと、本当に良いケアができないと痛切に感じました。ですので、自分の知識を試す意味でも、社会福祉士の資格を取りました。
今、施設経営を任せていただいているので、今後は簿記などの経営に携わる資格を取っていきたいと思います。

愛生福祉会で、ここが魅力だと思うポイントを教えてください。

女性が主体となって活躍できる場所だと思います。

途中で結婚・出産をしても、復帰しやすく、続けやすい環境です。
愛生福祉会では、子供ができてからも働いている人が多いです。
出産で辞めざるを得なくなると、これまでの積み重ねが一旦リセットされてしまいますし、ブランクがあると復帰もし辛い。
職員用の託児所がありますし、子育てしながらパートとして復帰することもできます。
介護は「ケア」の仕事なので、子供を育てたり、お姑さんに仕えた「生活」の経験が役に立つ、女性が主になる仕事だと思います。そういう意味でも、介護の仕事は、女性が長く続けやすい仕事だと思います。

どんな方に愛生福祉会に入ってほしいですか?

一番大切なのは心。感謝や思いやりの気持ちを決して忘れない方に向いていると思います。

「誰かのために役に立ちたい」という思いがあるから、介護の仕事を選ばれると思います。
なので、そういう気持ちを忘れずにいてほしい。仕事を続けていれば、技術は後からついてきます。
人の言葉に耳を傾けることができ、相手を優先して、思いやりを持って、感謝の気持ちを忘れずにいるような方が良いですね。

一緒に働く未来のスタッフに一言!

私たちと一緒に、介護の世界をどんどん良くして行きましょう!

入ってすぐは大変かもしれないですが、必ず力は付きます。自分の力にうぬぼれず、誠実に続けていってほしいと思います。
私も、20年近く福祉の世界にいますが、まだ答えは見えません。日々精進していかなくてはと感じています。
高齢化が進む中で、介護は、社会問題の中心でもあります。これから、福祉の世界はどんどん変わってくると感じています。
自分たちで変えていける世界でもあるので、ガッツをもって一緒にやっていきたいと思っています。

PAGE TOP

稲松本さんの一日の仕事を見る

INTERVIEW3

お介護士や病院での勤務を経験して、老人ホームで看護師をしています。

元々は介護の仕事をしていました。そこで、お年寄りが体調を崩された時に、このような人たちを医療によって助けられるようになりたいと思ったのが、看護職員を目指したきっかけです。医療の専門学校で学び直して、看護の道へ進みました。

介護施設は、ご利用者様にとっての家。温かくて人との繋がりを感じられる環境です。

施設は、ご利用者様にとっては家のような場所です。
とてもアットホームな、人と人との繋がりが感じられる場所で、皆様とコミュニケーションを取る事が楽しく、皆様に幸せに過ごしてほしい、健康をお守りしたいという気持ちにさせられます。
自分がいることで、皆様の健康をお守りできることにやりがいを感じますし、そのために、知識や経験を積んでいきたいと思っています。

看護師はこんな仕事をしています

  • 毎日の健康チェック

    毎朝、ご利用者様お一人お一人の健康状態をチェックしています。最近の様子や、ご自分の身体で気になる点などをお伺いし、雑談もしながら簡単な診察を行います。

  • 薬の管理

    お一人お一人に適した薬を管理しています。ご利用者様の体調の変化によって医師の指示を仰ぎながら配薬を行います。

  • ご利用者様の状態をカルテにまとめて把握

    カルテに目を通し、ご利用者様全員の健康状態を把握します。何か変わった事があれば、カルテに書き加え、常に看護職員が皆様の状態を把握できるようにしています。

愛生福祉会でのお仕事について聞かせてください!

働いていて大変だったことを教えてください。

ご利用者様の健康を自分が守る、という責任の重さを感じています。

ご利用者様が体調を崩された時は、やはり大変です。少しのことが重大な病気に繋がることもあるので、責任を持って自分が治すという想いで看護をさせていいただいています。
ご家族様への報告の際も、ご家族様を不安にさせないよう、安心していただけるように心がけています。

その分感じるやりがいを教えてください。

自分の処置で、ご利用者様を元気にできる事に喜びを感じます。

やはり、ご利用者様に感謝されることは、とても嬉しいです。
皆様を自分の処置で元気にできることにやりがいを感じますし、皆様の健康を守るため、もっと力を付けていかなくてはと思います。

なぜ、病院ではなく介護施設で働く事を選んだのですか?

アットホームな環境と、幅広い知識を身につけられる点に惹かれました。

以前の仕事が介護だったからというのもありますが、何よりも、お年寄りの方とのコミュニケーションが好きだというのが理由です。病院よりもアットホームな雰囲気で、コミュニケーションが大切な職場です。そういった部分に惹かれました。
また、病院と違って、眼科や皮膚科などに分かれているのではなく、皆様、さまざまな病気を持っていらっしゃるので幅広い知識が必要になります。難しさもありますが、勉強にもなり、その点にも面白さを感じています。

一緒に働くスタッフはどんな人たちですか?

悩みや疑問を相談できる、優しい先輩たちに恵まれています。

皆さん、とても気さくです。看護師は、僕より経験が多い人がほとんどなので、いつも学ばせていただいています。
悩みをきいてくれたり、落ち込んでいたら気持ちを和らげてくれる、優しい人たちばかりです。

仕事での今後の目標を教えてください!

正看護師の資格を取り、できる事の幅を広げていきたいです。

今、仕事をしながら学校に行き、正看護師の資格を取るための勉強をしています。
資格を取って、自分にできること・役に立てることの幅を広げていきたいと思っています。

一緒に働く未来のスタッフに一言!

とても勉強になる、やりがいのある仕事です。

複数の病気をもっている方が多いので、総合的なケア・知識が必要になってきます。
難しさもありますが、知識も増えて楽しいし、勉強になる良い環境だと思います。
看護師というと、女性が多いイメージですが、最近男性看護師も増えてきていますので、男女問わず、ぜひ一緒に働けたらと思います。

PAGE TOP

八木さんの一日の仕事を見る

INTERVIEW4

お幼少期、癌を患った祖父母を看病する母の姿を見て、私も身の回りの世話ができたらと感じていました。

小さい頃、母方の祖父母が癌で寝たきりになっていました。母がつきっきりで看病したり、病院に通い詰めていました。その姿をずっと見ていて、身の回りの世話や、なにかお年寄りの喜ぶことができればいいなと思ったのが、介護の道に進もうと決めたきっかけです。

育児休暇制度や、施設の託児所のおかげで産後も復帰し、長く働けています。

愛生福祉会には、大学を卒業後、新卒で入職しました。長い間勤めさせていただいています。介護職員や生活相談員の仕事を経験した後、出産して、育児休暇を頂きました。その後、子育てをしながら働けるようにと、パートとして復帰しました。勤めている施設のそばに職員用の事業所内託児所があるおかげで、子供が小さいうちから仕事に復帰する事ができました。

介護職員はこんな仕事をしています

  • 一緒に折り紙。ご利用者様との楽しいひととき。

    折り紙や手遊びなど、皆様が楽しめるレクリエーションを行います。ご利用者様とお話ししながら過ごす、楽しいひとときです。

  • ご利用者様の荷物確認も仕事の一つです。

    ご家族様から預かったお荷物の中身を確認します。施設で生活する上で、不足しているものはないかをチェックします。皆様の良い生活のため、小さなことにも気を配っています。

  • コミュニケーションの時間も大切にしています。

    忙しいときでも、ご利用者様とのコミュニケーションの時間はとても大切にしています。人生の先輩である皆様から、ためになるお話が聞ける、充実した時間です。

愛生福祉会でのお仕事について聞かせてください!

働いていて大変だったことを教えてください。

人と人との関わり方には決まりがなく、人の数だけ答えがあります。

認知症の方に、どう関わっていけばいいのかという点です。
認知症の方への接し方は、研修で学んでいましたが、やはり感じ方は人それぞれなので、その人に心地よく生活してもらうためのケアを見つけ出すのが、とても難しいです。後は、後輩の指導も難しいです。どのように言えば理解してくれるのか、常に考えながら接しています。どちらも、人と人との関わり方だと思うので、決まりはなく、対応は人の数だけあります。そこが大変ですが面白くもあります。

その分感じるやりがいを教えてください。

ご利用者様が、訓練の結果お食事を食べられるようになったとき、喜びを感じました。

以前にこんなことがありました。もともとは元気だった方が、急に脳梗塞で倒れて入院されたんです。
施設にお戻りになられた時は、胃瘻(口から食事ができず、胃に管を通して栄養を摂取する)の状態でした。お顔からは表情も消え、会話もなくなってしまい…。その人は、食べることが好きな方だったので、食べる喜びを取り戻せるように、看護師、栄養士と相談しながら、口から食事を接取する訓練を続けました。その結果、口でものを食べられるようになり、ご本人もご家族様すごく喜んでいらっしゃいました。表情もでてきて、会話をされるようになった。この時は本当に嬉しくて、やりがいとは、こういう部分にあるのだと思いました。
まもなくその方はお亡くなりになられたのですが、好きな食事を続けられて、幸せそうに、その人らしく最期を迎えられてよかったと本当に思います。

一緒に働くスタッフはどんな人たちですか?

子供の発熱で急にお休みをいただく時も、嫌な顔せずフォローしてくれる優しい人たちばかりです。

若くて元気なスタッフが多いですね。みんな、とても優しいです。
私には子供がいて、熱が出たときなどは、お休みをいただくこともあります。そのことで、ほかのスタッフには迷惑かけてしまうのですが、みんな嫌な顔せずフォローしてくれます。そんな優しい人が多い職場です。
挨拶がしっかりできる人ばかりで、いつも職場は和やかです。

子育てをしながら働くのは、大変ではありませんか?

愛生福祉会には職員用の託児所があるから、小さな子供がいても仕事を続けられます。

世話が必要な子どもを、愛生福祉会の託児所に預けているので、日中も働けます。
この年齢の子は保育所になかなか預けられず、私の周りのお母さんはみんな苦労しているみたいなので、この環境はとてもありがたいと感じています。
愛生福祉会に託児所ができてから、産後に復帰するママさんが多くなりましたね。

愛生福祉会で、ここが魅力だと思うポイントを教えてください。

その人らしさや個性を尊重する、理事長の考え方に魅力を感じます。

私は、理事長の考えにとても共感できると思っていて、「その人がその人らしく過ごせる」「その人らしく終わりを迎えることができる」 そのための取り組みが魅力だと感じています。おいしい食事など、豊かな生活の手助けができるのはすばらしいことですし、幸せそうなお年寄りを見ていると私まで嬉しくなってきます。特に私が勤務する庄内の里は、環境が開放的で、とても自由です。認知症だからと鍵をかけて閉じ込めたりはせず、自由に出入りできる自由な環境です。もちろん危険がないように職員がしっかりサポートしています。

一緒に働く未来のスタッフに一言!

学びがあり、やりがいもある仕事です。

介護は、とても自分の身になるお仕事です。
お年寄りから戦争中の話や、その人の生き様について聞くことができる機会もたくさんあり、いつも勉強させていただいています。人と関わる仕事なので、自分磨きができる仕事だとも思っています。

INTERVIEW 6

何かお手伝いをしたときの「ありがとう」の言葉が介護に興味を持ったきっかけでした。

小さい頃から、私はお年寄りのお世話をすることが好きでした。家におじいちゃんやおばあちゃんがいたわけではないのですが、例えば駅で重そうな荷物を持っているお年寄りを見かけた時に、荷物を持ったりしていました。
何かお手伝いをしたときに言っていただける「ありがとう」の言葉が嬉しくて、そういうところが、介護に興味を持ったきっかけだったと思います。

自分が何をしたいのが、ずっと悩んでいましたが「やはり介護だな」と思いました。

大学では文学部を専攻しており、自分は何がやりたいのかをずっと探していましたが、いろいろ考えていた結果、子どもの頃のそういった体験を思い出し、やはり私がやりたいことは介護だなと思いました。ですので、大学卒業後に介護専門学校で学び直し、その後、愛生福祉会で勤めさせていただくようになりました。

生活相談員の仕事を一部お見せします

  • お部屋のシーツを交換します

    ご利用者様に、日々の生活で、こうしてほしい、こうだったらより良いのに…というご要望をお伺いし、更に質の良い生活を提供できるように改善していきます。

  • 毎朝、職員全員で清掃を行います。

    毎朝の掃除から、スタッフの一日ははじまります。職種問わず、スタッフ全員で施設全体の掃除を行い、清潔な環境を整えます。

  • ケアマネージャーとやり取り

    ご利用者様の生活の様子や、怪我・病気をしていないか等の報告をします。施設を利用する期間、時間の変更・調整も行います。
    電話連絡が中心ですが、ご家族様との話し合いのため、ご家庭に訪問することも。

愛生福祉会でのお仕事について聞かせてください!

働いていて大変だったことを教えてください。

やることが一気に重なってしまい大変ですが、反対に言えばやりがいでもあります。

やることが一気に重なってしまうと、バタバタしてしまい、一気に大変になります。
ご利用者様の介護中に、ケアマネジャーさんからご連絡をいただいたり、頭の中で優先順位をつけて作業をこなすことでしょうか。本当に大変ですが、反対に言えばやりがいの部分でもあります。

その分感じるやりがいはありますか?

「清水君」と名前で呼ばれ、必要とされることは嬉しいです。

ご利用者様から「清水君~、ちょっと…」と、名指しで呼ばれることでしょうか。
他にも職員はいるのに、私個人を必要としてくれていると感じますし、皆様のお役に立てているんだなと感じて嬉しいです。
ケアマネジャーさん、ご家族様達からも、「いつもありがとう」のお言葉をいただくことがありますが、
とても嬉しく思いますし、この仕事をしていて良かったと感じます。

一緒に働くスタッフはどんな人たちですか?

新人職員が多い施設ですが、素直で頑張り屋さんな人ばかりです。

鳩の丘は、新人職員がとても多いです。教育を担当しているのですが、皆、とても素直です。
自分の間違いは素直に認めるし、指示したことは実直に行ってくれます。やはり、働き始めたばかりだと大変そうですが、根気強く教えていけば、ご利用者様達に良いケアを提供できる、良いスタッフに成長してくれると感じています。

愛生福祉会で、ここが魅力だと思うポイントを教えてください。

自分の頑張り次第でどんどんステップアップできる環境です。

個々の頑張りをしっかりと評価してくれる組織です。
年に一回、昇進昇格試験があるなど、コツコツ知識や実力を身につけていけば、着実にステップアップができて、給料も増えます。働くモチベーションも上がりますし、とてもいい環境だと思います。

仕事で、特に心がけていることはありますか?

ご利用者様の安全に、何よりも気を遣っています。

とにかく、ご利用者様の安全には気をつけています。
ちょっとしたことで体調を崩されたり、何かの拍子で転んでしまわれたりしないように、気を配っています。

一緒に働く未来のスタッフに一言!

経験豊富な先輩がサポートするので、未経験でも安心して入って来てください。

未経験でも、資格がなくても大丈夫です。経験豊富な先輩がたくさんいるので、丁寧な指導も受けられますし、
勉強会や、資格を取得するための支援制度もあるので、組織全体で皆さんの成長をサポートします。
職員は、皆優しい人ばかりです。未来のスタッフにも、そういう人に入っていただけたらなと思います。

PAGE TOP

採用情報 お問い合わせ・資料請求
エントリーフォームへ